7/7(日)は仙台天命塾での講演会『第23章』です。

『「縄文スピリットの逆襲」~全ての怨霊達よ私達と共にあれ in 仙台 』
――――――――――――――――――――――――――――――
さて、前回5/19(土)の開催から50日経ちました。
いよいよ仙台天命塾での講演会「第23章」となります。
わずか50日の間に、
世の中では途轍もない事件事故スキャンダルが洪水のように溢れました。
そのあまりの怒涛の勢いに対し、
私たちはもはやそれぞれを個別に考量する余裕すらありません。
この背景には一体どのような力が作用しているというのでしょうか?
目まぐるしく変遷する社会のコンテンツに右往左往するのではなく、
一番効果的なこととは、このような状態であるからこそ
冷静になり客観的に冷ややかな視線で思量することです。
すると、あらゆる「事象」の背後にはあるものが通底していることがわかってきます。
これは「陰謀論者」にとってのひとつの「峠」であり、
乗り越えなければいけない関門でもあります。
私たちは今、霊的な選択に迫られています。
「絶対に抗えない圧倒的な強者である奸計の主」に対して自己を
「永遠の被害者」と置き続けて一生を終えるのか、
それとも、「絶対に抗えない圧倒的な強者である奸計の主」こそが
じつは虚構の存在であり、罠であり、
私たちを「永遠の被害者」と位置付けさせている主体こそが、
そもそも「奸計の主」であることを看破し、
それを自らの意思で確かめ、乗り越えていく人生を歩むのか。
どちらを選択するかは完全に各々の自由意志に委ねられている。
しかしそこに「自由」が残されているという事実を知覚できないのであるならば、
それこそまさしく奸計による華々しい成果に他ならない。
奸計の「知られざる秘密を暴露」しているはずのこの“正義”の私が、
なんとまさか奸計の走狗として使役され、
奸計の片棒を担いでいたということを「知らずに生きる」という悲劇だ。
私たちはそんなことのために生まれてきたんじゃない。
“彼ら”は、純粋な人々の素直な正義感をそっくりそのまま有効活用する。
虚構の敵を見せ、虚構の歴史を示し、さあ正義のために戦えと鼓舞し焚き付ける。
――そう、“彼ら”はノイジー・マイノリティ。
これからサイレント・マジョリティである縄文スピリットが現れるのだ。
その精緻な流れとメカニズムについての壮大なドラマの一局面をお話しいたします。
何を差し置いても参加する価値のある講演会です。
ぜひお越しください。お待ちしております!
――――――――――――――――――――――――――――――
【日時】 2019年7月7日(日)
【時間】 開場15:00 開演15:30~19:00頃まで
【会場】あわの里 天命舎 仙台市青葉区国分町3-9-32 仙台ATOWAビル5階
【参加費用】 5,000円(仙台テンメイ会員以外&当日参加 5,500円)
※会場受付でお支払いください
【募集人数】 20名
【懇親会】 終了後、懇親会を開催します。参加希望の方はご予約時にお申込下さい。
【主催】 仙台天命塾
【ホームページ】 http://genkiup.net/
【予約 / 申込み】参加申込書に記入し、FAX、電話、Emailで申込み下さい。
【お問合せ】仙台天命塾大久保 TEL/FAX022-279-1024  090-8786-7300
【E-mail】 atowa999@gmail.com
――――――――――――――――――――――――――――――

投稿者: 澤野大樹

情報誌INTUITION の執筆者です。 2018年で創刊22周年となりました。