青森市&八戸市&福島二本松 講演会情報

おー、どしてらば。まめしくてらな?
このめの弘前ど八戸は、たげ暑くてあったのに、
たげだ人さ来てもらってまんずびっくらしてまったじゃ。
めやぐだなぁ〜、だばってありがどごす。
みなさんもま〜んず喜んでけで椅子がら転がってまったいな。
次はじっちゃもばっちゃもわらはんども楽しみにして来てけろじゃ〜
待ってるはんで! (ネイティブ津軽弁)
――――――――――――――――――
※共通語訳※
みなさん、こんにちは。
この前の弘前と八戸にはとても暑かったのにもかかわらず、
たくさんの方が来てくださって、本当にびっくりしました。
まことににありがとうございました。
みなさんもすごく喜んでくださって、
椅子から転げ落ちてしまいましたね!
次回もおじいちゃんもおばあちゃんも子供たちも、
楽しみに来てください! お待ちしています!
――――――――――――――――――
さて、青森県、福島県の主催者様がブログで記事を書いてくださいました。
お読みいただけましたら嬉しく思います。
ぜひ講演会にお越しください。
●青森市・八戸市講演会主催者、小野裕美子さんのブログ
『 ついにアラハバかれる!最強の東北とは。 』
青森のテーマは「青森が起ぎれば地球がとっくらがってまる!」(津軽弁)。
(青森が目覚めると地球がひっくり返る!)
さて、福島・二本松講演会の参加受付が開始されました。
「序文」も書き下ろしておきましたのでお読みください。
●福島・二本松講演会主催者、よっこさんのブログ
『 澤野大樹さん 福島二本松講演会 告知・募集! 』
『 福島二本松講演会によせての序文 』
★2019年10月26日(土) 澤野大樹 福島二本松講演会 第1回★
【タイトル】 『 東北縄文スピリット禁断の扉が開く 
【日時】 2019年10月26日(土)
【時間】 開場14:00 開演14:30~18:00頃まで(延長の可能性大)。
【会場】 福島県男女共生センター研修室
福島県二本松市郭内一丁目196-1
JR東北本線二本松駅より徒歩で12分
東北自動車道二本松I.Cより車で5分
駐車場は無限にあります。
会場サイトhttp://www.f-miraikan.or.jp/index.html
【参加費用】5,000円(当日参加5,500円)
(※会場受付でお支払いください)
【募集人数】 25名(少数精鋭で濃いお話しをいたします)
【懇親会】 終了後、懇親会を開催します。参加希望の方はご予約時にお申込下さい。
【主催】 福島ご縁をむすぶ会
【御予約】 メールで f888goen@yahoo.co.jp にお願いします。
お申し込みの際は、お名前、お電話番号、参加人数を明記ください。
懇親会参加希望の方は、懇親会参加希望と人数をお知らせください。
お待ちしております!
――――――――――――――――――
さて、日本をはじめ世界は混迷を極めようとしています。
これからクライマックスのラストシーンに向かうことでしょう。
そんなことに思いを馳せながら私は、
山瀬まみの 『 恋人よ逃げよう 世界はこわれたおもちゃだから!』 を聴きながら、
南多摩尾根幹線を走るのであった。

“獣”の罠と秘密

ある謎の人物がこう言った――、
「聖書に書かれた“獣”とは日本のことだ」――と。
これには罠と秘密がある。
聖書が最も忌避する“獣”が日本から現れるのはその通りだ。
しかし、この出来事は“コード・シェア”される。
ある「1,000人リスト」に名を連ねる日本人が、
その“獣”とやらの代用品としてスケープ・ゴートとして差し出される。
このことで“彼ら”はその“獣”が登場したこととして終わらせようとしている。
しかし、それは罠だ。
そんな罠など、ただの何もわからない一般人に対してしか効力を発揮できない。
本物の“獣”に人智の範囲内でしかない罠など通用するわけがない。
本物の“獣”はきちんと理路整然と現れることになる。
ただ、その“獣”の姿は、肉の眼には見えない。