■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2018年06月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

2018年も残りあと339日となりました。
みなさん、こんにちは。

年末年始のトワイライトゾーンは得てして長引き、
途方もないhollowな季節を抜けたのですが、
潜在意識が「まだだまだだ」と急かすわけで、
私としてはどうしようもなくしっちゃかめっちゃかとなっている次第です。

執筆に難儀などかつて一度もしたことはありません。
その気になるかならないか。
それは神の味噌汁ということなのですかね。

宮古島の大神島で超絶な神秘体験をした。

『第186号』、『第187号』、『第188号』は果たしてどうなるか?
私にもまったくわかりません。

サルバトール・ムンディ以降、
やはり何かあるのでしょう。
良いものが湧出してくれば嬉しいのですが。
横溢する直観はいつもの如し。
ペシミズムの範疇には留まらない。

サタニズムの根幹を眺めるにつけ、
ノルウェーのブラックメタルの雄、
DIMMU BORGIR(ディム・ボルギル)の『Gateways』をリフレインする。

DIMMU BORGIR - Gateways (OFFICIAL MUSIC VIDEO)
https://www.youtube.com/watch?v=_jw7yk8hm_0
(3:47からの展開は何度聴いても鳥肌が立つ)

DIMMU BORGIR - Gateways (歌詞)
https://www.youtube.com/watch?v=SMi6Rzb1EfY

この曲こそ、サタニズムの本質を表現している。
この歌詞を理解すればサタニズムとは何かがわかるはずだ。

DIMMU BORGIR - Gateways(フル・オーケストラ)
https://www.youtube.com/watch?v=6HCbqLB-ZmM

ちなみにDIMMU BORGIRのボーカルShagrath(シャグラット)は
ノルウェーナンバーワンのイケメン。
リアルな「アラゴルン」だ。
https://www.youtube.com/watch?v=hrc2OvxFmfw
やはり正当なイケメンが正当に出てこなければダメだよな(笑)。

本当に頭が下がる思いである。
本物はいつもノルウェー、スウェーデン、フィンランドにある。

本音を表すためには建前という仮面を取らねばならないのだよ。

ヒーリング・ミュージックやクリスタル・ボウルなどといった、
醜いエセ・スピリチュアル・ミュージックとか大嫌いだ。
また尺八とか和太鼓など粗野で雑で醜い楽器も嫌いだ。

「クリスタル・ボウル奏者」かそうでないかを識別する方法はただひとつ。
「クリスタル・ボウル・セット」を購入したかしなかったかだけである。
5分練習して(いや練習する必要すらない)仰々しく白目を剥いて奏でもすればその瞬間から
誰でもすぐさま恭しい「スピリチュアル演奏者」になれるから捗るぞ!!
あとは麻の白装束でも身に纏い神社で祝詞あげゴッコでもすればさあ完成だ。
そして何よりも重要なのは、そんなことを臆面も無く図々しく披露できる神経の図太さだ。
(儲かるぞ! 注目されるぞ! 目立つぞ! 生き甲斐を感じられるぞ!)
コスパ最高スピリチュアル・デビューだ!!

(本物のプロは心なんか込めなくても余力ですら人の心を打つ)
(本物のシェフは二日酔いで鼻歌交じりで目を瞑ったままでも
宇宙一のカチョ・エ・ペペを作る)

――というわけで、
『第186号』~『第188号』は間もなく(?)刊行される見込みなのかな?

お待たせしてしまいましてごめんなさい。



| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=162 |
| カテゴリー1 | 10:44 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑