2021年を迎えてのあれこれ&講演会のお知らせ

★2021年1月17日(日) 仙台天命塾 講演会 第34章★
【序文】
歴史的瞬間というものはこれまでにもたくさんありました。
たしかに思想哲学の分野ではソクラテス「以前以後」は時代を分けました。
しかし最大級のものはやはりイエス・キリスト誕生「以前以後」でしょう。
こうして世界の多くはいわゆる「西暦」を採用し時代を認識するようになりました。
イエス・キリストという存在がいかに巨大なものとしてあるのだとわかります。
そして歴史的瞬間の最たるものはやはりイエス・キリストの誕生以上に「磔刑」となります。
西暦で時代を計り、磔刑で人類の心を捉え規定してきました。
人類の生活の基盤でもある時を計る基準、そして人々の精神の拠所が、
イエス・キリストに関するエピソードによって設定されてきたのがこれまでの世界です。
磔刑の現場で実際にそれを目撃した人がどれだけいたのでしょうか。
それでも6世紀の「西暦」設定以来、1500年近くに亘って無条件で人類を信じさせるという
強力な伝播能力と維持性能を誇ってきたことは事実です。
だがしかし、それすら上回る新たな「瞬間」が今まさに迫って来ています。
今回は全世界生中継であり、あるいはインターネットを通じ
人類77億人がそれをリアルタイムに目撃することになります。
つまり今回の「それ」はキリストの磔刑を遥かに凌駕する
人類史上最大の歴史的瞬間となります。
今回の「それ」は本物であるがゆえ、
人々の心に圧倒的に語りかけそして打ち抜いていくでしょう。
この光景を目撃した人々はもはや「西暦」の存在すら忘れてしまうことでしょう。
それ「以後」の世界は、これまでの延長線上にはないのだということを意味します。
みんな最初は「選挙」だと思っていました。
しかし次第にそうではないということを直観するようになりました。
ではその本質のあらましを仙台天命塾にてお話ししてまいりましょう。
みなさまにお会いできることを楽しみにしています!
―――――――――――――――
【タイトル】 『THIS IS IT!ふたつのひとつ
【月日】 2021年1月17日(日)
【時間】 開場14:00 開演14:30~19:00頃
【会場】あわの里 天命舎 仙台市青葉区国分町3-9-32 仙台ATOWAビル5階
【参加費用】7,000円(天命塾会員以外の方は7,500円)
(※会場受付でお支払いください)
【募集人数】 20名
【懇親会】 懇親会はおそらくないと思われます。
【主催】仙台天命塾
【申込み】 ご参加希望の方は、こちら↓の問い合わせよりご予約をお願いします。
【ホームページ】 http://genkiup.net/
【ご予約 / 申込み】氏名・TEL・人数・懇親会参加有無を Email で申込み下さい。
(FAX、電話でも可)
【お問合せ】仙台天命塾大久保 TEL/FAX 022-279-1024  090-8786-7300
【E-mail】 atowa999@gmail.com
―――――――――――――――
★2021年2月6日(土) 名古屋講演会 第16回★
【タイトル】 『(未定)』
【月日】 2021年2月6日(土)
【時間】開場13:30 開演14:00~19:00頃 (※5時間講義)
【会場】青少年文化センター(アートピア)第3研修室
名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク内デザインセンタービル9階
https://www.bunka758.or.jp/scd03_access.html
【参加費用】10,000円 会場受付にてお支払いください。
(ご予約なしでの当日参加はできません)
【定員】30名
【懇親会】 懇親会はございません。
【主催】小長谷宏(おばせ・ひろし)さん
【ブログ】「波と石」
http://namitoishi.seesaa.net/
【ご予約/お問い合わせ】
氏名・TEL・人数・懇親会参加有無を Email で申込み下さい。
taijunagoya@gmail.com

―――――――――――――――

★2021年2月20日(土) 青森「弘前」講演会 第7回★
【タイトル】 『(未定)』
【月日】 2021年2月20日(土)
【時間】開場13:00 開演13:30~18:30 (※5時間講義)
【会場】青森県弘前市立市民会館管理棟 2F 「第一小会議室」
青森県弘前市下白銀町1-6 弘前公園内
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/shiminkaikan/access.html
【参加費用】8,000円(当日9,000円) 会場受付にてお支払いください。
【主催】小野裕美子さん
【ブログ】『青い太陽828』
https://ameblo.jp/riyanmichaki/entrylist.html
【ご予約/お問い合わせ】
近日ご予約受付開始予定です。
もうしばらくお待ちください。
※聴覚障がい者は当日活字版原稿無料進呈
※障がい者手帳をお持ちの方の介添え人様お一人無料。
※懇親会はございません。
―――――――――――――――
★2021年2月21日(日) 青森 「八戸」 講演会 第7回★
【タイトル】 『(未定)』
【月日】 2021年2月21日(日)
【時間】開場13:00 開演13:30~18:30 (※5時間講義)
【会場】八戸市総合福祉会館(はちふくプラザねじょう) 5F研修室
青森県八戸市根城8丁目8-155
https://www.city.hachinohe.aomori.jp/shisetsuannai/kenko_fukushi/8909.html
【参加費用】8,000円(当日9,000円) 会場受付にてお支払いください。
【主催】小野裕美子さん
【ブログ】『青い太陽828』
https://ameblo.jp/riyanmichaki/entrylist.html
【ご予約/お問い合わせ】
近日ご予約受付開始予定です。
もうしばらくお待ちください。
※聴覚障がい者は当日活字版原稿無料進呈
※障がい者手帳をお持ちの方の介添え人様お一人無料。
※懇親会はございません。
 ―――――――――――――――
【青森講演会活字版原稿販売】
青森講演会では
過去講演会の「活字版原稿」を販売しております。
―――――――――――――――
■第①回活字版 3,300円(税込)「東北最奥から現れる縄文スピリット」
■第②回活字版 3,300円(税込)「封印された青森の秘密を解く」
■第③回活字版 7,700円(税込)「あなたは歴史的瞬間の目撃者となる」
■第④回活字版 8,800円(税込)「ヨハネの遺恨」
■第⑤回活字版 8,800円(税込)「磔刑のヤハウェ」
■第⑥回活字版 8,800円(税込)「鬼滅のヤハウェ」
―――――――――――――――
活字版のご注文はこちらからどうぞ!

―――――――――――――――
※ご注文をお受けした後、お振込みを確認してからの発送となります。
※青森県の主催者からの発送となります。
※送料が加算されます。
※通常は日本郵政「レターパックライト」(370円)での発送となります。
※レターパックライトに入り切らない場合は「レターパックプラス」(520円)に
なることがあります。
※一度の梱包で入り切らない場合は複数個口に分かれることがあります。
※詳細はメールにて最適な方法をお知らせいたします。
―――――――――――――――

―――――――――――――――
【2021年大樹界】 会員募集のお知らせ
―――――――――――――――
2021年で13年目となる『大樹界』。
『大樹界』は会員制となっております。
東京で唯一の精鋭講義全6回シリーズです。
まもなく締め切ります。
―――――――――――――――
★第一界 1/30(土)
★第二界 3/27(土)
★第三界 5/29(土)
★第四界 7/31(土)
★第五界 9/25(土)
★第六界 11/27(土)
―――――――――――――――
すべて13:00~17:00の開催となります。
すべて専用活字版原稿付き。
ご欠席されても活字版原稿が郵送されます。
会場詳細はお申し込み者に直接お知らせいたします。
全6回分21万円(税込)前納制となります。
ぜひご参加ください。
お申し込み/お問い合わせは
〒、ご住所、お名前、TELをご明記の上、
メールにてお願い申し上げます。
intuition2002@jcom.home.ne.jp
―――――――――――――――
【2021年講演会スケジュール】
―――――――――――――――
★2021年1月17日(日) 仙台天命塾 講演会 第34章★
―――――――――――――――
★2021年1月30日(土) 大樹界①
―――――――――――――――
★2021年2月6日(土) 名古屋講演会 第16回★
―――――――――――――――
★2021年2月20日(土) 青森「弘前」講演会 第7回★
★2021年2月21日(日) 青森「八戸」講演会 第7回★
―――――――――――――――
★2021年3月14日(日) 仙台天命塾 講演会 第35章★
―――――――――――――――
★2021年3月27日(土) 大樹界②
―――――――――――――――
★2021年4月3日(土) 青森「弘前」講演会 第8回★
★2021年4月4日(日) 青森「八戸」講演会 第8回★
―――――――――――――――
★2021年5月16日(日) 仙台天命塾 講演会 第36章★
―――――――――――――――
★2021年5月29日(土) 大樹界③
―――――――――――――――
★2021年6月12日(土) 青森「弘前」講演会 第9回★
★2021年6月13日(日) 青森「八戸」講演会 第9回★
―――――――――――――――
★2021年7月11日(日) 仙台天命塾 講演会 第37章★
―――――――――――――――
★2021年7月31日(土) 大樹界④
―――――――――――――――
★2021年8月7日(土) 青森「弘前」講演会 第10回★
★2021年8月8日(日) 青森「八戸」講演会 第10回★
―――――――――――――――
★2021年9月12日(日) 仙台天命塾 講演会 第38章★
―――――――――――――――
★2021年9月25(土) 大樹界⑤
―――――――――――――――
★2021年10月16日(土) 青森「弘前」講演会 第11回★
★2021年10月17日(日) 青森「八戸」講演会 第11回★
―――――――――――――――
★2021年11月14日(日) 仙台天命塾 講演会 第39章★
―――――――――――――――
★2021年11月27(土) 大樹界⑥
―――――――――――――――
★2021年12月11日(土) 青森「弘前」講演会 第12回★
★2021年12月12日(日) 青森「八戸」講演会 第12回★
―――――――――――――――
★2021年12月19日(日) 仙台天命塾 講演会 第40章★
―――――――――――――――

※上記予定は1/8現在での暫定予定内容です。
※予定は随時変更されることがあります。
―――――――――――――――

2019年終盤から2020年初頭にかけての講演会情報

みなさま、こんにちは。
まもなく「仙台天命塾」での『第26章』となります。
通常通りの超ハイスペックとなります。
2019年仙台最終講演会となります。
―――――――――――――――――――――――
★2019年12月15日(日) 澤野大樹 仙台天命塾 講演会 第26章★
【タイトル】 『2020年に向けて~あなたは歴史の目撃者となる!!』
―――――――――――――――――――――――
序文】
“彼ら”にとって「2020年」という年は「ひとつの終着駅」として規定されています。
これまでの世界の歴史をも含めて、
彼らは2020年に向けてあらゆるものをそこに収斂させていきます。
ひとつは、古代イスラエル王国が南北に分裂させられた因縁の解消。
そこには強烈な選民思想があるのはもちろんのこと、
そこには巨大な劣等感に、憧憬、いや羨望が同居し続けてきました。
そしてひとつは、出雲の国譲りで興奮のあまり、
手法と道筋を誤ったことに対する悔恨の念の解消。
そして、徐福らによって、
弥生の支配兵器である稲作と農業がこの列島に持ち込まれたこと。
そしてさらに、乙巳の変で暴力によるクーデターの成功体験をしてしまったこと。
もうひとつは、白村江の戦いで賊軍となった無念の記憶が忘れられず、
その後、その官軍が支配するこの列島で権力闘争に明け暮れたこと。
さらにひとつは、大和朝廷を組織し、東北縄文日高見国を巻き込み、
まったく必要の無いジェノサイドを遂行してしまった悔悟。
ついでに、文禄・慶長の役の時に秀吉に連れてこられた捕虜たちが、
そんな“彼ら”と合流し、長大な“計画”を立ててしまったこと。
そしてまだひとつ、
“西軍”として権力奪取に奔走したが完膚なきまでに叩きのめされ敗走した恨み。
まだあるもうひとつ、
260年間その恨みを隠し、仮面を被り続けながら時が来るのをひたすら待ち、
戊辰戦争によって積年の悲願だった支配者の地位を「虚構」に立脚し、
奪い取ったことに対する後ろめたさ。
まだまだもうひとつ、
明治維新以降、77年間に亘って戦争に次ぐ戦争に明け暮れ、
まさに“彼ら”の夢の実現にまであと一歩というところまで来たが、
連合国、および世界50数カ国に宣戦布告され、
その計画がすべて破壊され、“彼ら”には麻酔銃が撃ち込まれた。
“彼ら”は、この屈辱を今でも決して忘れることなく逆恨みし続けている。
そして何より、何も知らない、何の罪も無い実直な国民を犠牲にしてしまったこと。
さらに、それを隠蔽するために某神社で英霊の封印を儀式していること。
この巨大な秘密を守り続けることだけに費やされた75年間だが、
そんな虚構を今後も未来永劫に亘って保持し続けなければならないというストレス。
――そして、たったひとり残された悲願の“プリンス”は、
いよいよ2020年をもって、それらすべてを「統合」させようとしています。
ひとつも解決されていないそれらのことを、何も解決させる気もないまま、
力尽くで、すべてを捻じ伏せ、纏め上げようとするでしょう。
しかし、それらすべては「虚構」「隠蔽」「改竄」「破棄」によって積み重ねられてきた、
「虚構世界」なのですから、そもそも纏め上げられるようなものではないのです。
それを薄々知りながらも諦めきれない人たちだからこそ、
彼らは関が原以来260年間、
いや、紀元前922年の古代ヘブライ王国の分裂以来2942年に亘って、
ただの一度ですら解決することも、纏め上げることもできなかったのでしょう。
――それはなぜでしょうか?
“彼ら”は無自覚無反省でありながら、
その上にさらに、虚構、捏造、隠蔽を主力として人々を支配しようとしてきたからでしょう。
つまり、彼らには謙虚さがまったく足りなかったということでしょう。
だからゆえ、ヤハウェに逆らい「新しい神」の創造に日夜励むことができたわけです。
“彼ら”には、自らの無知を知るという「無知の知」がなかった。
世界で最も優秀だといわれる彼らは、
ソクラテスに言わせれば最大の愚者そのものであった。
2020年をひとつの区切りとして、
では世界をもう一度纏め上げるのであればそれは誰の手によって行われるのでしょうか?
――そう、“彼ら”の真逆の立場において封印され存在を消された者たちによってです。
“彼ら”には、世界を再び纏め上げようなどという権利も資格もないのです。
さあ、これを理会して初めて「スピリチュアル」のスタートラインに立つことができるわけです。
――なぜですか?
“彼ら”はこれまで数千年に亘って人々の心を支配し、精神を支配し、
信仰を制御し、多次元世界を誤解させてきました。
つまり、“彼ら”は私たち人類のスピリチュアル領域を弄んできたのです。
つまり、既存のスピリチュアルはそのほとんどが“彼ら”の手によるものだったのです。
そして“彼ら”は2020年に総仕上げを行おうとしています。
麻酔が完全に切れてしまったのです。
では本物のスピリチュアルなど存在しないのでしょうか?
本物のスピリチュアルは厳然と存在しているが深く封印されてしまっているのです。
表に蔓延ってきた支配のためのスピリチュアルをアラハバき、
正真正銘の本物を浮上させることがこれから起きることです。
これがまさに「Redeemer」の本質であるわけなのです。
―――――――――――――――――――――――

【日時】 2019年12月15日(日)
【時間】 開場14:00 開演14:30~19:00頃

(※開場、開演時間を1時間早め、総講演時間を延長しました)
【会場】あわの里 天命舎 仙台市青葉区国分町3-9-32 仙台ATOWAビル5階
【参加費用】5,000円(仙台テンメイ会員以外&当日参加 5,500円)
(※会場受付でお支払いください)
【募集人数】 20名
【懇親会】 終了後、懇親会を開催します。参加希望の方はご予約時にお申込下さい。
【主催】仙台天命塾
【申込み】 ご参加希望の方は、こちら↓の問い合わせよりご予約をお願いします。/dd>
【ホームページ】 http://genkiup.net/
【ご予約 / 申込み】氏名・TEL・人数・懇親会参加有無を Email で申込み下さい。
(FAX、電話でも可)
【お問合せ】仙台天命塾大久保 TEL/FAX 022-279-1024 090-8786-7300
【E-mail】 atowa999@gmail.com
―――――――――――――――――――――――
そして、2019年名古屋最終講演会は12/21(土)となります。
この名古屋第9回目からは講演時間を大幅に拡大し、
7時間+懇親会という長時間耐久セミナーとなります。
―――――――――――――――――――――――
★2019年12月21日(土) 澤野大樹 名古屋講演会 第9回★
【タイトル】 『 7時間耐久1dayセミナー in 名古屋(仮) 』 &
『2020年に向けて~あなたは歴史の目撃者となる!! in 名古屋』
【日時】 2019年12月21日(土)
【時間】 開場10:00 開演10:30~17:30頃まで。
【会場】 「ごえんの広場」 名古屋市東区葵3-4-4 サミクラウス車道5階
名古屋市営地下鉄桜通線「車道(くるまみち)」駅 エレベーター出口出てすぐ横。
1階「車道接骨院」のビルの5階です。
https://coubic.com/5ennohiroba/about
【参加費用】 10,000円(会場受付でお支払いください)
【募集人数】 満席となりましたので受付終了
【懇親会】参加希望の方は申し込みの際にお願いします。
【主催】 南部蔦江(なんぶ・つたえ)さん
【申込み】 ご参加希望の方は、こちら↓の問い合わせよりご予約をお願いします。
【ご予約】 お名前、ご住所、TEL、参加人数、懇親会の参加希望の有無を明記の上、
tanpopo.0084@gmail.com までメールでお送りください。
―――――――――――――――――――――――
さて、そしていよいよ2020年に突入ということになりまして、
福島・二本松講演会「第2回」は2020年1月12日(日)です。
―――――――――――――――――――――――
★2020年1月12日(日) 澤野大樹 福島・二本松講演会 第2回★
【タイトル】『2020年!スピリチュアル歴史的相克の終焉へ(仮)』
(※12年ぶりに「アレテーお得なMy Life」の最新版もお話しいたします)
【月日】 2020年1月12日(日)
【時間】 開場14:00~ 開演14:30~18:00頃まで(延長の可能性大)
【会場】 福島県男女共生センター研修室
     福島県二本松市郭内一丁目196-1
【会場サイト】 https://www.f-miraikan.or.jp/
【参加費】 5,000円(当日参加5,500円) 当日会場受付にて。
【定員】 25名
【懇親会】 ご参加希望の方はご予約時にお申し付けください。
【主催】 福島ご縁をむすぶ会
―――――――――――――――――――――――
二本松の「男女共生センター」は想像を超える快適さを誇る素晴らしい施設です。
入り口を入って「おや?」と思い、研修室に入って「おやおや?」とすぐに思いました。
「これはそんじょそこいらの普通の建物ではないな」と、その空気の違いをすぐに感じました。
なぜそんなに快適かと調べましたら、なんと世界的建築家・槇文彦先生の作品とのこと。
ただの「公共施設」と侮ってはなりませんね。
山に囲まれた小さく素朴で不思議な街「二本松」。
こうした小さな場所から少しずつやっていくということはとてもやりがいがあります。
二本松講演会主催者の「よっこさん」がブログにたくさん書いてくださっております。
ぜひお読みください。
【よっこさんブログ】 https://ameblo.jp/rurukarin11/entrylist.html
―――――――――――――――――――――――
※各講演会とも精緻に記述した「活字版原稿」を基にお話し申し上げますが、
当日の雰囲気、空気、社会情勢如何によって自在に形を変えていきます。
お含みおきいただけましたら幸いです。

青森市&八戸市&福島二本松 講演会情報

おー、どしてらば。まめしくてらな?
このめの弘前ど八戸は、たげ暑くてあったのに、
たげだ人さ来てもらってまんずびっくらしてまったじゃ。
めやぐだなぁ〜、だばってありがどごす。
みなさんもま〜んず喜んでけで椅子がら転がってまったいな。
次はじっちゃもばっちゃもわらはんども楽しみにして来てけろじゃ〜
待ってるはんで! (ネイティブ津軽弁)
――――――――――――――――――
※共通語訳※
みなさん、こんにちは。
この前の弘前と八戸にはとても暑かったのにもかかわらず、
たくさんの方が来てくださって、本当にびっくりしました。
まことににありがとうございました。
みなさんもすごく喜んでくださって、
椅子から転げ落ちてしまいましたね!
次回もおじいちゃんもおばあちゃんも子供たちも、
楽しみに来てください! お待ちしています!
――――――――――――――――――
さて、青森県、福島県の主催者様がブログで記事を書いてくださいました。
お読みいただけましたら嬉しく思います。
ぜひ講演会にお越しください。
●青森市・八戸市講演会主催者、小野裕美子さんのブログ
『 ついにアラハバかれる!最強の東北とは。 』
青森のテーマは「青森が起ぎれば地球がとっくらがってまる!」(津軽弁)。
(青森が目覚めると地球がひっくり返る!)
さて、福島・二本松講演会の参加受付が開始されました。
「序文」も書き下ろしておきましたのでお読みください。
●福島・二本松講演会主催者、よっこさんのブログ
『 澤野大樹さん 福島二本松講演会 告知・募集! 』
『 福島二本松講演会によせての序文 』
★2019年10月26日(土) 澤野大樹 福島二本松講演会 第1回★
【タイトル】 『 東北縄文スピリット禁断の扉が開く 
【日時】 2019年10月26日(土)
【時間】 開場14:00 開演14:30~18:00頃まで(延長の可能性大)。
【会場】 福島県男女共生センター研修室
福島県二本松市郭内一丁目196-1
JR東北本線二本松駅より徒歩で12分
東北自動車道二本松I.Cより車で5分
駐車場は無限にあります。
会場サイトhttp://www.f-miraikan.or.jp/index.html
【参加費用】5,000円(当日参加5,500円)
(※会場受付でお支払いください)
【募集人数】 25名(少数精鋭で濃いお話しをいたします)
【懇親会】 終了後、懇親会を開催します。参加希望の方はご予約時にお申込下さい。
【主催】 福島ご縁をむすぶ会
【御予約】 メールで f888goen@yahoo.co.jp にお願いします。
お申し込みの際は、お名前、お電話番号、参加人数を明記ください。
懇親会参加希望の方は、懇親会参加希望と人数をお知らせください。
お待ちしております!
――――――――――――――――――
さて、日本をはじめ世界は混迷を極めようとしています。
これからクライマックスのラストシーンに向かうことでしょう。
そんなことに思いを馳せながら私は、
山瀬まみの 『 恋人よ逃げよう 世界はこわれたおもちゃだから!』 を聴きながら、
南多摩尾根幹線を走るのであった。

“獣”の罠と秘密

ある謎の人物がこう言った――、
「聖書に書かれた“獣”とは日本のことだ」――と。
これには罠と秘密がある。
聖書が最も忌避する“獣”が日本から現れるのはその通りだ。
しかし、この出来事は“コード・シェア”される。
ある「1,000人リスト」に名を連ねる日本人が、
その“獣”とやらの代用品としてスケープ・ゴートとして差し出される。
このことで“彼ら”はその“獣”が登場したこととして終わらせようとしている。
しかし、それは罠だ。
そんな罠など、ただの何もわからない一般人に対してしか効力を発揮できない。
本物の“獣”に人智の範囲内でしかない罠など通用するわけがない。
本物の“獣”はきちんと理路整然と現れることになる。
ただ、その“獣”の姿は、肉の眼には見えない。

9月からの講演会情報!!(変更あり9/9更新)

みなさま、こんにちは。

※名古屋講演会の主催者と日時と会場が変更となりました。

※詳細は追ってお知らせいたします。

※トップページ記載のスケジュールは早晩修正されます。

ピンク・フロイドの『 The Show Must Go On 』を聴きながら。

★9/16(祝) 仙台講演会 第24章

★10/13(日) 青森市講演会 第2回

★10/14(祝) 八戸講演会 第2回

★10/26(土) 福島二本松講演会 第1回

★11/9(土) 名古屋講演会 第8回 (※主催者と日時と会場が変更になりました)

★11/17(日) 仙台講演会 第25章

★12/15(日)仙台講演会 第26章

★12/21(土)名古屋講演会 第9回 (※主催者と日時と会場が変更になりました)

(※12/21(土)は初の7時間耐久1dayセミナーとなります!)

上記日程の詳細は、青森の「青い太陽358」、小野裕美子さんが、

ブログでまとめてくださっていますのでぜひご覧ください。

【澤野大樹さん講演会2019ジャパンツアー後半スタート!】

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12510391042.html

(※公式ハッシュタグランキング:青森県1位ありがとうございます!)